データ入稿封筒

データ入稿封筒印刷

データ入稿でオリジナル封筒を作成

パソコンで作ったデザインデータをプロの印刷機械で印刷します。対応ソフトで作った封筒デザインを作成してください。 後は印刷色、封筒を選んでデータをアップロードするだけ!

対応ソフトとファイル形式

AI形式・EPS形式のどちらでご入稿いただいても問題ありません。
Adobe Illustrator(8.x~CS3)までの対応となります。

価格表を表示

ご注文までの流れ

ステップ①-データの作り方

これは現在表示しているこの画面です。データ入稿の際に使用する「テンプレート」をダウンロードを行ない、下記の作成にあたっての注意事項を参照してデザインデータをご用意ください。

ステップ②-基本仕様

  • 封筒のサイズや印刷の基本仕様を選択してください。
    ※「1色印刷」か「2色印刷」か、テープ加工の有無もここで選択します。入稿したファイルの内容に関わらずここで選んだ内容で印刷されますのでご注意ください。
  • 表示されている封筒色見本から用紙を選択します。
    ※色数は、印刷に基本色を2つ使用する場合は【基本色×2】を、基本色と指定色(特色)を1つずつ使用する場合は【基本色×1、指定色×1】のように選びます。
  • 印刷色はここでは選択しません。「ステップ4」の連絡事項欄にご記入ください。

ステップ③-原稿のアップロード

  • 「参照」を押して保存先のファイルを選択してください。
  • 「アップロード」を押すと、ファイルがアップロードされ、次の手順に進みます。

ステップ④-枚数指定・価格確認

  • ご注文いただきました封筒サイズ・用紙色をご確認ください。
  • 印刷枚数の入力「価格確認」を押して金額をお確かめください。
  • 印刷色をご記入ください。
    ※この画面ではお支払いは発生しません。

※注文した封筒は、一度ショッピングカートに入ります。ショッピングカートで[レジに進む]を押して、最後にお支払い手続きを完了するまでは、何度アップロード(注文)をやり直しても料金はかかりません。安心してご利用ください。

封筒のサイズについて

データ入稿でオリジナル封筒を作成

ご利用いただける封筒サイズの説明です。

■角0封筒(角0、角形0号)定型外287×382mm

定型外郵便。B4の用紙がそのまま入るサイズです。

■角1封筒(角一、角形一号)定型外270×382mm

定型外郵便。B4の用紙がそのまま入るサイズです。

■角2封筒(角二、角形二号)定型外240×332mm

定型外郵便。A4の用紙がそのまま入るサイズです。

■角3封筒(角三、角形三号)定型外216×277mm

定型外郵便。B5の用紙がそのまま入るサイズです。。

■角8封筒(角八、角形八号、給料袋)定型119×197mm

定型郵便。給料袋とも言われております。

■長3封筒(長三、長形3号)定型120×235mm

定型郵便。三つ折にしたA4の用紙が入るサイズです。

■長3窓付封筒(長三、長形3号)定型235×120mm

定型郵便。三つ折にしたA4の用紙が入るサイズです。

■長4封筒(長四、長形4号)定型90×205mm

定型郵便。三つ折にしたB5の用紙・便箋が入るサイズです。

■洋長3封筒(洋0、洋形0号)定型120×235mm

定型郵便。三つ折にしたA4の用紙が入るサイズです。

■洋長3窓付封筒(洋0、洋形0号)定型120×235mm

定型郵便。三つ折にしたA4の用紙が入るサイズです。

印刷色と用紙の色(紙質)について

■印刷色について

ご注文は「1色印刷」か「2印刷」での受付となります。基本色は豊富に24色取り揃えております。基本色から印刷色を選んでいただければ特別は追加料金は一切かかりません。もちろん、指定色にても印刷も可能です(この場合は1色につき1,500円プラスとなります)。

※フルカラーの印刷は当店で受け付けておりません。

■用紙の色(紙質)

ご利用いただける用紙の色(紙質)は取扱い封筒一覧からご覧いただけます

取扱い封筒色一覧を表示

データ入稿時の注意点

1.保存形式

AI形式・EPS形式のどちらでご入稿いただいても問題ありません。
Adobe Illustrator(8.x~CS3)までの対応となります。

2.使用できる印刷色

印刷は「1色印刷」「2色印刷」「表1色/裏1色の両面印刷」の対応となります。使用できる印刷色は当店が用意した「基本色」のほか「指定色」が使用可能です。※指定色の場合は基本色に比べ料金が異なります。

3.カラー

カラーはプロセスカラーの(MYK)は使用しないでください。もちろんRGBも不可です。印刷色の指定は必ずBK(ブラック)もしくはスポットカラー(特色)DICcolorにて作成ください。入ウインドウ→スウォッチライブラリ→DICcolor
BKデータで作成してDICカラーの000番でとテキストにてご指示いだいても問題ありません。

4.アウトライン

フォントについては必ず事前にアウトライン化してください。文字のアウトライン化がされていないと、お客様がご使用の書体(フォント)を弊社当店が保有していない場合、別のフォントに置き換えられてしまいます。

5.圧縮形式

作成したデータを直接入稿しますと、通信環境によってデータが壊れる事がありますので、より安全に入稿していただくために、データを圧縮して入稿するようお願いします。ZIP形式・SIT形式・LZH形式などで圧縮しておくことをおすすめします。

6.画像配置

画像は(画像ファイル)は、300~350dpiで使用し、埋め込んだ状態にしてください。
輪郭のはっきりしているロゴマークなどはモノクロ二階調で1200dpiでの保存、貼り付けがお勧めです。

7.透明効果

透明効果を使用して濃度の調整をしないでください。

8.ライン

0.25pt以下のライン、線幅のない塗りのみの指定のラインは使用しないでください。0.25pt以下の罫線は印刷物には表示されない場合がございます。また、ラインの濃度を落とすと、印刷物は網点で表現されるため、点線にみえてしまいますのでご注意ください。(当店はスクリーン線数100線での出力となります)

9.グレースケールの濃度

100%のブラックの場合は問題ございませんが、10p以下の文字に90%の指定をした場合は、印刷物は網点で表現されるため、文字が見づらくなります。(当店はスクリーン線数100線での出力となります)

10.レイヤー

不要なレイヤーや、非表示のレイヤーは削除した上でご入稿ください。ロックも解除ください。

11.印刷範囲

当店は既製品の封筒を利用しての印刷を行っております。
封筒の全面端から端までの印刷はできません。
各封筒ともにクワエ方向10mmの余白の他、周り3mmの余白が必要となります。
洋封筒はフタが折れた状態で印刷しますので
表面のみでの印刷ではフタへの印刷は不可となります。
データ作成の際はテンプレートのガイドの範囲に収まるように配置してください。

12.フタへの印刷

和封筒(角0・1・2・3・8、長4・3)の場合はフタ(フラップ)
への印刷は可能です。(ただしベタ塗は不可、ワンポイントのみとなります)
洋封筒はフタがはじめから折れてます。フタへの印刷は可能ですが、
両面印刷扱いとなりコストがかかります。データ作成の際はテンプレートの
ガイドの範囲に収まるように配置してください。

13.グラデーション

グラデーションは可能です。当店はスクリーン線数100線での出力となります。一般的な商業印刷は175線でのになりますので品質は多少は劣ります。

14.郵便枠・各種マーク

郵便番号枠、郵便物用各種マーク(料金別納/後納マーク、及び在中表示マーク他)などについては、データ内に含めて作成してください。

15.スクリーン線数

当店はスクリーン線数100線での出力となります。一般的な商業印刷は175線での出力が一般的です。濃度100パーセントでの出力ではれば問題ありませんが、細かな網点は表現が難しいです。たとえば10pt以下の文字の塗のパーセントを落とすと文字が見づらくなります。

データ入稿用テンプレート

データ入稿のには当店指定のテンプレートをダウンロードしてご使用ください。

  zip形式データ
角0 287×382mm kaku0.zip(576KB)
角1 270×382mm kaku1.zip(544KB)
角2 240×332mm kaku2.zip(648KB)
角3 216×277mm kaku3.zip(648KB)
角8 119×197mm kaku8.zip(668KB)
長3 120×235mm naga3.zip (631KB)
長3(窓付) 120×235mm naga3-mado.zip (582KB)
長4 90×205mm naga4.zip(595KB)
洋長3 235×120mm yo-naga3.zip(706KB)
洋長3(窓付) 235×120mm you-naga3-mado.zip(710KB)